ベビーシッターの特徴について

subpage01

子育てしている世帯に対して公的なサービスとしての保育園だけでなく、私的なサービスとしてのベビーシッターもあります。

ベビーシッターのサービスは保育園のような公的なサービスにはないメリットがあります。保育園の場合だと保育園という場所まで出向きサービスを受ける必要がありますが、ベビーシッターの場合だと自宅で保育のサービスを受ける事になります。そのため子供も安心してサービスを受ける事が可能になります。
しかしベビーシッターはメリットばかりではありません。



ほとんどない事にはなりますが、まれにベビーシッターが自宅の備品を破損する場合があります。

エキサイトニュースについて真剣に考えてみました。

ほとんどの会社ではシッターが物を壊すことを想定して損害賠償保険に加入しているので、万が一シッターが物を壊した場合でも大丈夫ですが、ごくまれに損害賠償保険に加入していない会社もあるので、その場合には自宅の備品を破損した場合でも損害賠償をしてもらえない場合もあります。加入しているかどうかはインターネットの公式サイトで確認する必要があります。
シッターの料金はシッターに支払う保育料以外にも交通費の支払いもあるので、公立の保育園と比べたら割高です。

事前にサービス代金を調べておかないと後々で大変な事になります。


相談なく支払いをしないとシッターのサービスが打ち切りとなるので、契約書通りに支払わないといけません。

ベビーシッターに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

どうしても無理な場合には管理職クラスに相談しなくてはいけないです。